北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1他球団ネタ'06 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1やっぱ、桑田はんはプロフェッショナルやね

2006年09月26日

カープユニフォーム1 やっぱ、桑田はんはプロフェッショナルやね

桑田ロード1桑田投手はアンチ巨人の私が巨人で一番好きな選手で尊敬もしているし憧れている選手(人間)でもある。入団時にダーティなイメージが付き、その都度、好成績で周囲を黙らせ、まるで不死鳥のような人間にも見える。度重なる怪我も幾度も克服してきた姿に何度も感動させられた。彼のカーブは人間離れしていると学生時代思っていた。自分でも何度もトライし、真似したろうと挑んだが出来なかった。桑田ロードの話に感動して、自分も同じようにグラウンドで黙々走り何かを悟った瞬間があった。肘を壊す事も省みず、小飛球に飛びつく。(ま、ちなみに私は投手横のゴロに飛びつき肩脱臼もうやだ〜(悲しい顔)っとアンチ巨人の私が彼の生き様から学んだ物は数知れず。そんな彼の巨人退団はまさに朗報。まだまだ彼の姿を見ていたい。もしホントに力が無いのであれば彼を必要とする球団は無いはず。新聞社が母体であるが故に彼の情報は親会社の有利な情報しか基本的には発信しないはず。ここまでの功労者をこんな結末にしたお粗末な巨人球団。選手育成もド下手、ベテラン選手への気遣いもド下手。外国人選手獲得もド下手。FA選手の獲得もド下手。ここ最近のペナントレースでも優勝戦線にも絡めない(←残念ながらカープよりは現段階上に入っているが)そりゃー、視聴率低迷も当然の結果でしょう。視聴者もこの現状に飽き飽きしてるの感じないのかな、ナベツネは。大会社ゆえの慢心による衰退。栄枯盛衰、いよいよ巨人も終わりかな手(チョキ)こう考えるとまだまだ“第2の桑田”が出てくるんじゃないでしょうか。仁志選手、清水選手が予備軍ってとこでしょうかね。元木の様に生涯巨人選手みたいな事考えないで生涯野球選手って人大好きだな。
桑田、巨人に決別宣言。23日に球団ホームページ(HP)で退団の意向を表明した巨人・桑田真澄投手(38)が24日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン湘南戦に先発。21年間プレーした巨人でのラスト登板を約4000人のファンが見守った。試合後、桑田は退団表明までの経緯を説明、原辰徳監督(48)との野球観の違いを理由に挙げた。来季は他球団に移籍して完全燃焼を目指す。
 試合後の会見。桑田はHPで退団を表明した経緯を初めて自らの口で明かした。
 「6月から2軍でスタンバイしてきたけど、登板がない。チームの戦力じゃないと自分で判断した。来年も(1軍での登板は)難しいですし(巨人での登板は)最後だろうと思い、ファンに伝えたかった」
 4月29日に出場選手登録を抹消された後は事実上の戦力外扱いが続いた。「ジャイアンツとケンカしたとか、嫌になったとかじゃない」とチームへの愛着を口にしたが、原監督との“溝”は最後まで埋めることができなかったようだ。
 「原監督には原監督の野球観がある。それを貫くのは大事だし、誰も悪い人はいない。原監督の野球に自分は沿わなかったのかなという思いはあります」。約5カ月間の2軍生活で、原監督と話し合いの場を持つ機会はなかった。前日も連絡を取ることはなく「選手としての立場があるので、こちらがどうこう言うのは失礼」と桑田。この日、球団から報道陣に対して、原監督への桑田に関する質問について自粛要請が出されるなどピリピリムードが漂った。
 「巨人の18番を汚さないように自分を鼓舞してきたし、精いっぱいやってきた。後悔はない」。若手への切り替えが進む中、今季の登板機会はわずか3度。1勝1敗のままで現役生活に終止符を打つことはできなかった。誰よりも愛した巨人との決別だが、燃え尽きたわけではない。目標は残り27勝の通算200勝。「目標に向かって努力するのが男の美学。達成できなくて辞めるかもしれないけど、そのプロセスが大事」と桑田流の生きざまを貫く。移籍先については国内のほか大リーグも視野に入れており「そのあたりも含めて球団と話をしたい」と語った。
 球場入りする際にはファンから温かい声援を受け、目を潤ませた。真紀夫人にも見せたことがなく、前夜に子供たちが泣いても涙を見せなかった男が泣いた。「たくさん来ていただいて感謝しています。まだまだ元気なので必要とされるところに行くべきだと思う。それがプロ野球選手だから」。ユニホームがかわってもボロボロになっても現役でプレーする。それが桑田の出した答えだった。
 ≪7回5失点も持ち味≫今季最長の7回を投げ8安打5失点。それでも桑田らしさが詰まった100球だった。「6回までは自分のピッチングができた」と胸を張った。2回に1失点、7回には5安打を集中され4点を失った。3回の予定も「ファンの声援でもう1回もう1回と、7回まで投げ切れてよかった」と右手中指のマメがつぶれても投げ続けた。
 MAXは140キロ。球威の衰えは投球術でカバーする。左打者が5人並んだ湘南打線に対し、内角高めのスライダーを配した。試合前に「普段通りで」と村田と話し合い実践。村田は「ジャイアンツであそこに構えてという人は桑田さんだけ。向上心が凄いから組んでいて面白い」と話す。
 この日、左打者への「インハイスライダー」は無安打。巨人最後の登板で、さらに投球の幅が広がった。巨人以外のユニホームを着て、桑田は22年目もマウンドに立つ。
 ≪巨人は容認姿勢≫巨人退団、来季以降の現役続行を希望した桑田に対し、球団側は容認の姿勢を示した。東京ドームでの阪神戦の試合前、報道陣に対応した清武球団代表は「彼も燃え尽きたいという気持ちだろう」とした上で「あれだけの大投手。決断を尊重してあげなければならない」と話した。
 桑田にとって巨人での「ラスト登板」が終了。清武代表は一両日中に電話で連絡を取ったのちに桑田自身も望んでいる直接会談を行いたい意向だ。早ければ今週中にも行われるもようで、その場で今後の処遇が検討される。桑田の決断を尊重するとなれば、自由契約となることが濃厚。それもウエーバーにかからないよう、昨オフに退団した清原(現オリックス)と同様に11月30日を待っての手続きとなりそうだ。
posted by むさC16 at 07:22 | Comment(3) | TrackBack(1) | カープキャップ1他球団ネタ'06 上へジャンプ
この記事へのコメント
男を感じますね。

必要とする球団はいくらでもあると思います。
今後も頑張って欲しいです!!
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2006年09月26日 11:31
入団時&退団時もダーティーなイメージにされた事が残念です。
楽天入りか[odoroki(字)]っと言う噂もありますが何処の球団でも良いから投げている姿もっと見たいですね。
巨人での最終登板(2軍戦)で4,000人観客が来るってやっぱ、まだ彼の投げる姿を見たい人多いんですね。←もしかして西本氏以来じゃないんですか。
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2006年09月26日 16:15
そうなると、やっぱり[オリックスバッファローズ(パリーグ球団)]でプレーして欲しいですね!KKコンビも復活して、でも[読売ジャイアンツ(セリーグ球団)]サイドも[読売ジャイアンツ(セリーグ球団)]で引退であれば、引退試合を用意するなんて話しており、優しいなんていう事が記事になってましたが、明らかに世間体とファン離れ阻止としか見えませんね。今頃ツケがまわってきているような感じがします。

でも、去る選手は悪い事は言わない。。。これは、選手が大人なのでしょうか[疑問(字)]

いずれにせよ、原監督や[読売ジャイアンツ(セリーグ球団)]球団としての新しい方向性に対して、改革をしないと今後が危ういので、頑張って欲しいですね[ビックリ(字)]
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2006年09月26日 19:27
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


トラックバック用アイコン1Tracked from ■■■KAEDE LIKE BASEBALL■■■ at 2006-09-26 11:29
Title: 巨人、桑田引退!?それとも。。。
私のブログ内にもお気に入りの中にあるが、桑田投手自身のホームページに意味深発言。 どちらにせよ、今季で巨人は退団する覚悟なのかもしれない。2000年から始めたホームページも今年で終わりを告げ、今回で..
上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社