北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1その他のスポーツネタ'08 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1北京五輪のマラソン・テスト大会

2008年04月21日

カープユニフォーム1 北京五輪のマラソン・テスト大会

20080420-1北京春季リーグ第3戦の中止の裏で天安門でさりげなく北京五輪のマラソン・テスト大会が開催されていた。
はっきり言って不運でしょう。稀に見る土砂降り。全く8月とは状況が違うでしょう。ま、コースの下見ぐらいは出来たのではないでしょうか。
トイレやセキュリティ問題も取り上げてますがこれは本番まで改善するかは個人的見解では無理だと思います。
それにしても大気汚染の問題が連日結構報道されているが
"その中で普通に生きている私は異常?"
といつも考えさせられます。
北京五輪のマラソン・テスト大会が20日、天安門広場〜国家体育場の42・195キロで行われた。雨の中で女子代表の土佐礼子(31)=三井住友海上=らが五輪コースを確認。カーブの連続、コース幅の急変、硬い路面など数々の“敵”を実感し、多くの選手が大学構内を抜ける30キロ付近を勝負ポイントに挙げた。土佐は2時間46分26秒で4位。男子の佐藤敦之は2時間23分50秒の6位、尾方剛(ともに中国電力)は10位で走った。
 4月の平均雨量わずか19ミリの北京市が、珍しく土砂降りに見舞われた。本番と同じ午前7時半スタート。試走に臨んだ日本の男女マラソン陣は、気温12度に誰もが「寒い」と震えながらゴール。30度以上が予想される真夏の本番を見据えた酷暑や大気汚染対策は肩すかしに遭った。
 だが、天安門広場、天壇公園など世界遺産、名所旧跡を巡るコースには、実際に走ってみると数々の敵が待ち受けていた。
 「えっ、ここがコース!?」スローペースで試走していた土佐は衝撃を受けた。27キロ手前の約1キロは北京大、30キロ付近からは清華大の構内を通り抜ける異例の設定。それまで広かった道幅が突然狭くなり、清華大ではレンガと細かい石を刻んだような路面に切り替わる。
 しかも、両大学を含めた約8キロの間は直角カーブが7か所も。佐藤は「滑るところもある。走ってみるとコースマップとは印象が違う」と確認。雨で流され、路上にたまったほこりで「シューズやユニホームが真っ黒になった。大気汚染の影響だと思う」と話した同僚の尾方は、「外国選手が好きそうなコース。そこで揺さぶってきそうな気がする」と重要ポイントに挙げた。
記者会見後、笑顔で会見する土佐、尾方剛、大崎悟史、佐藤敦之(共同) 平たんなコースだが34キロ地点には唯一アップダウンもある。女子大生の黄色い声援が飛び交うキャンパス区域が要警戒。中国最難関校の座を争う両大学の入学と同様、そこで振るい落とされればメダルへの道も“狭き門”。各陣営は早速、路面状況などを踏まえて対策に乗り出した。
 ◆中国人に間違われ ○…中国電力の2人が中国で中国人に間違えられた。佐藤は「走っていて、たくさん声をかけられた」と苦笑い。「やるからにはメダルを狙う」と五輪本番への意気込みを見せながら、「中国で走れるのも何かの縁。中国で中国電力をアピールしたい」と会社名で友好を深める目標も示した。
posted by むさC16 at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープキャップ1その他のスポーツネタ'08 上へジャンプ
この記事へのコメント
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社