北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1その他のスポーツネタ'08 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1商業スポーツの宿命

2008年04月26日

カープユニフォーム1 商業スポーツの宿命

スピード社水着1水泳で水着の善し悪しだけで勝負が付いてしまう程、今の競技用水着って進化してるんでしょうか?
それにしても競技者自身が好きな水着を選べない現状は何とも皮肉です。個人的には五輪でメダルをと取るか取らないかでは大きな違いがあるし、メダルの色次第で後々の人生も大きく変わるでしょう。なんとか勝てる水着を違約金を払っても選べる様にして欲しいです。
それと泳法技術の勝負ではなく、道具の勝負と言うのはどうかと言う疑問も抱いてしまう。

日本水泳連盟関係者は25日、世界新を連発している英スピード社の競泳水着について、水連が契約する国内3メーカーに違約金を払ってでも、五輪本番で着用できるようにする必要性を訴えた。東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中の日本代表のコーチ、選手の間ではメダル獲得のために、水着選択の自由を求める機運が高まっており、今後の対応が注目される。
 北京五輪に向け、本格的な準備に入ったニッポン競泳陣の切実な声を受け、ついに水連関係者が声を上げた。「3社とスピードでは明らかに数値が違う。契約があるので違約金ということにはなるかもしれない。でも、現場は億(単位の違約金)よりもメダルです」と切実に訴えた。
 それほど危機感は高まっている。今回の日本代表合宿でスピード社の水着を試着した選手が軒並み好記録をマーク。25日には一部コーチが水連が契約するミズノ、アシックス、デサントに水着改善を要求した。中には、スピード社の水着が3社より勝っていることを明言する関係者もおり、水着選択の自由を求める機運が高まっていた。
 上野広治日本代表監督は「スピードを着ることはできない。3社に改善努力をしてもらうしかない」とあらためて否定した。各メーカーも「自信を持って開発した商品。今後はフィット調整などで対応したい」(アシックス)「ベースは今のものになりますが、できる限りの努力はしたい」(デサント)「最良のものを用意してきた。もう一度フィッティングなどを行いたい」(ミズノ)と改良に意欲を見せたが、現場が望むのはスピード社を加えた4社の中から水着を選択する自由だ。
 日本代表と3社は12年ロンドン五輪まで契約しており、北京五輪でスピード社の水着を使用するには、3社に対して1億円とも言われる違約金が発生する可能性が高い。五輪本番まで104日。水連と各メーカーの話し合いは急務と言えそうだ。
 ≪早く頼まないと製造できない?≫国内販売などでスピード社とライセンス契約をしているゴールドウイン社広報は「水連には(五輪では)無理と言われている。もし認められるなら、早急に準備したい」と話した。「レーザーレーサー」は特殊な技術を使うため、世界で1日70着しか製造できない。「使用していただけるのなら、早く本社に対して手を打たないと、間に合わなくなる」とこちらも時間がなさそうだ。
posted by むさC16 at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープキャップ1その他のスポーツネタ'08 上へジャンプ
この記事へのコメント
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社