北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1棒球小僧日記'08 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1北京五輪の開会日

2008年07月15日

カープユニフォーム1 北京五輪の開会日

北京オリンピック開会式会場“鳥の巣”世界中の人は恐らくオリンピック史上もっとも過酷な式典になるでしょう。毎年、この時期はせいぜいプールに漬かる程度。とてもじゃないが外で遊ぶ気になれないと言うのに選手の皆さんは大変ですね。室内競技ならまだそんなに環境は変わらないと思いますが室外競技は熱中症が懸念されますね。
北京でオリンピックを開催する意義は大いにあるのでとりあえずはやるべきだと思う。しかしあまりにも商業的過ぎで大きな黒い金の影が見えるのもどうかな。
しかし、直前合宿地に日本が選ばれているのは日本にとってラッキーだったのではないでしょうか。

北京五輪はなぜ8月8日開幕なのか…。
この時期の北京は連日40度近い“超”真夏日。おまけに雨も決して少なくなく、当日の降水確率は50パーセント近くという予想もある。こんな悪条件が重なったときに開幕日を設定するなんて、中国も「分かってないなあ」なんて声が良く聞かれる。ある人は「“8”は中国人にとって縁起のいい数字。条件がどうであれ、何が何でも8月8日午後8時に開幕させたかったんだ」と解説する人もいる。
だが、実はこの開幕日、決して中国側が好き好んで設定したわけではない。様々な要因、そして「ガイアツ」に負けて、やむなく…というのが実際のところなのだ。
当初、IOC(国際五輪委員会)が北京側に提案した開幕日は7月25日だった。しかし、7月の北京は、はっきりいってスポーツ大会には最悪の気象条件。まず一年で最も暑くなるのがこの時期であり、またほとんど雨のない北京において、この時期はなぜか降水も多い。
そこで、北京側はこの案を拒否し、代わりに「9月開幕」を提案した。9月は北京の最も気候がいい時期。雨も時折降るが、それほど大雨にはならない。実際、1990年の北京アジア大会は9月に行われた。
しかし、9月は世界的にスポーツシーズンとなっており、テニスの全米オープン、陸上グランプリなど数十年の歴史を持つ大会も多い。こういった大会を押しのけて、開催するほど、そこまでの権威は今のオリンピックにはないのだろう。これはあっさりとIOC側に拒否された。
となると、残っているのは8月開催。北京側はここで“最後の要望”として「8月15日以降にしてほしい」と申し出た。「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉が中国にあるかどうかは分からないが、北京も15日を過ぎるとだんだんと暑さも和らぐ。大会後半に予定されるマラソンの頃には、もうすっかり秋の風が吹いてくる…という計算だ。
だが、北京側のこの切望にIOCはウンと言わなかった。ここで登場するのは、五輪に最も影響力があると言われる米国放送界の意向。というのも、8月中旬以降の開幕となれば、どうしても9月上旬に差し掛かってしまう。9月初頭にはNFLが開幕するし、またメジャーリーグも地区リーグが大詰めを迎える。何としても「8月中」に、全て「事を終えてほしい」というわけだ。
結局、IOCは8月8日の開幕を提案。中国側もこれを飲まざるを得ず…晴れて?真夏の「厳しい気象条件」となる8月8日開催が決定したというわけである。
posted by むさC16 at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープキャップ1棒球小僧日記'08 上へジャンプ
この記事へのコメント
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社