北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1他球団ネタ('05) 矢印:赤(右3)カープユニフォーム12006年4月から『東北ベースボールアカデミーリーグ』開幕

2005年09月08日

カープユニフォーム1 2006年4月から『東北ベースボールアカデミーリーグ』開幕

最近の野球人気低迷で社会人チームの多くが休部を余儀なくされクラブ化して来ている。
簡単に言えばクラブと社会人チームの差がかなり縮まった。
私の大学のOBチーム(クラブ)はその恩恵を受け1997年に都市対抗地域予選で見事栃木代表として残った。一応私はその時は当時の会社に居たがOBチームに在籍していた。お陰で東京ドームで本田技研と記念試合が出来ました。
しかし、全体のレベルは明らかに落ちた年であった。試合数の激減、選手の獲得困難など顕著に現れる衰退は今に始まった訳ではない。
今回の東北ベースボールアカデミーリーグの設立は衰退ストップの役割を是非担って欲しい。東北には野球の強い大学が多く選手自体は希望が持てるはずです。
四国アイランドリーグとの交流戦も予定しているがどの地域のリーグが強いのか観客も興味が持てる。どんどんこう言う企画を推進してオリンピック競技に復活できるまで発展させて欲しいです。もっと日本国内も野球が盛り上がって北京まで波及させてもらえるとグラウンド確保に苦労しないんですけどねわーい(嬉しい顔)
岩手、宮城両県で2006年4月に開幕するクラブチームによる野球リーグの名称が7日、「東北ベースボールアカデミーリーグ」に決まった。
 岩手と宮城の2チームで発足するが、09年までに東北地方の残り4県でもチームをつくり地方リーグ化させる計画。選抜チームで都市対抗野球予選への出場や、四国アイランドリーグとの交流戦も提案されている。
 岩手のチームは9月28日、宮城は10月1日に選手の入団テストを実施。16歳以上で、それぞれの県内に住民登録していることなどが参加資格。宮城のテストには参加料2000円がかかる。
posted by むさC16 at 08:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | カープキャップ1他球団ネタ('05) 上へジャンプ
この記事へのコメント
いろいろなところで野球がすきな人の可能性は増えると思いますが、全体像がぼやけてきそうな気がします。
将来のプロ野球選手になりたい人達を各所属の連盟が支えているという考え方であればすごく良いシステムと思いますので、東北・四国の次は・・・という感じで各地であっても面白いかもしれませんね。
今後の発展に期待しましょう!
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2005年09月08日 09:08
TBありがとうございます。

野球をやりたくともやれない人が大勢いる、というのは残念ですし、そういう場をもっともっと地域・行政・企業が一体となって支援し、それらからまた還元されるものがあれば良いと思います。

個人的にはアメリカのように"プロのマイナー"をもっと拡充してビジネスとして欲しいのですが、アマチュア野球の歴史も尊重すべきでしょうし、両者が参加し切磋琢磨できる地域毎の常設のリーグ戦ができるといいのでは、と思います。

ともあれ、プロアマ問題を何とかしてほしいですね…。
コメント用アイコン1Posted by ringhio8 at 2005年09月08日 17:40
見世物の野球であればある程度のレベルが無ければうまく行かないと思います。ハードとソフトの両方を検討する難しさを誰かが先頭に立ってやって欲しいですね。もちろん、周りのサポートもしっかりすれば何とかなると思います。
要は野球をどうしたいのかって基本的なテーマをもっと見つめて欲しいと思う今日この頃です。
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2005年09月08日 18:49
TBありがとうございます。
裾野拡大ととらえていいことだと思います。
プロ野球は今、巨人中心から変貌しようとしているときです。
簡単に言えば過渡期です。
去年あたりからいろんなところで新しいリーグ、クラブチーム発足、企業チームの休廃部、新規加入などが起きているのはそういう過渡期での現象だと思います。
今求められているのは、そういういろんな事象をきちんと束ねて統率できる人材ではないでしょうか。
コメント用アイコン1Posted by rei7955 at 2005年09月08日 21:21
[西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][西武ライオンズ(パリーグ球団)][泣き顔(カエル)]
コメント用アイコン1Posted by at 2006年04月19日 15:41
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社