北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1北京リーグ'05 矢印:赤(右3)カープユニフォーム12005年秋季北京リーグ開幕!?

2005年09月17日

カープユニフォーム1 2005年秋季北京リーグ開幕!?

春季リーグで北京リーグの問題が浮き彫りになっていた。
ひらめき野球グラウンドの確保
この問題が現在の北京リーグのネックだった。
北京軟式野球リーグの運営委員は学生中心でやっている。誰がやっていてもそもそも構わない事である。だが、この問題を放置した状態で時間が過ぎ、リーグ開幕直前になって探していたかどうかも分からない。結果、結局グラウンドの確保が出来ていなかった。幸い、春から北京マリナーズではこの問題を重く見て自分らでグラウンドを探し始めていた。今回、参加チームから多くの不満意見を聞く。私見だが自分らでグラウンドも見つけられない連中が必死こいてやっと探したグラウンドが“ただ遠い”と言う理由で不満を持つのは如何かと思う。まるで先日選挙で大敗した何に対しても反対した民主党の様だ。ここは日本ではありません。もっとも野球環境なんて元々無い。そんな所で野球をやろうとする自体夢話である。それがグラウンドが例え遠くても今までのグラウンド以上の出来で本格的に出来る広さを持っている。これ程贅沢な環境がありますでしょうか?私は野球が出来るだけで嬉しい。野球が出来るのであれば遠いなんて不満には思わない。野球をやる目的は人それぞれだがその環境を一生懸命整えてきた人の努力を無碍にする様な意見は個人的には嫌いであります。
学生中心だから。。。※※だから。。。っと言う意見に殆どの方が同意見であるならば意見の相違でとても北京リーグの発展は望めないと思います。長期的ビジョンが見える今回のグラウンドに私は一つの光が見えました。
そろそろ本当に野球がやりたい人が中心になって野球をやるべきではexclamation&question
リーグを運営するにあたってもちろんお金の問題も出てきます。これに対しても学生であれば多少大きな負担でしょう。しかし、野球をする為の最低出費って幾らで計算しているのでしょうかね?不満を言う割には幾ら掛かるものなのか分かっていない人が多く不思議でなりません。こういう話を聞くと、もしかしてその人達って“タダ(没費)”で野球出来ると思っているんですかね。運営委員もスポンサー探しとかやって参加チームの負担金を減らせる方法を考えた事ありますかね。運営委員と言う仕事で得られる経験は今後役に立つと思いますしそれぐらい出来ないと、とても会社員になって活躍するとは思えない。
自分らが高い費用を払ってと言うのであればもっとその野球を大事に思う気持ちを持って欲しい。そしてみんなが一緒になってリーグを作り上げ盛り上げていかなければ運営委員になったって苦労しかないはず。運営委員のみならず参加する人、一人一人の考えを今一度正す時が来たと最近ふと思います。
本当にこんな状態で来週北京リーグは開幕するのでしょうかね?
posted by むさC16 at 18:19 | Comment(3) | TrackBack(1) | カープキャップ1北京リーグ'05 上へジャンプ
この記事へのコメント
全くその通りだと思います。極端な話野球に掛かる諸費用は同意のもと、リーグ参加するべきです。今後のリーグの最重要課題だと私も思います。
コメント用アイコン1Posted by at 2005年09月17日 18:58
サッカーをやっている人が「お金」の問題を言い出すのであればそれはしょうがないと思います。でも野球を少年の頃からやったことのある人であれば自分の親が野球にどのくらいのお金がかかっているのか理解してもいいと思います。学生の本文が勉学というのは当たり前。ましてや北京に来ることで相当なお金を使っているのかと思います。その中でも野球をしたい!と思って野球をしながら勉学に励む、それが文武両道ですね。どちらも時間もお金もかかることですが、大学時のそういった何かに取り組む姿勢というのは後々必ず役に立つと思います。私も東都大学野球連盟のマネージャーでの経験というのは、やった人しか分からない達成感を持っていました。しかも、自身の大学の連中と運営するのではなく、同じ価値観をもった他の大学とです。試合となると、学生の野球に社会人が入ってきたり、時には高校生とやったりもしましたが、何の問題もありませんでした。なぜかって、同じ価値観のもと野球が好きな人間で野球をやる以前に何が必要かがわかっている仲間だったからです。年齢なんて関係ない、それぞれに環境は違っても同じ価値観だからできる事だと思います。社会人と学生ではやはり違う部分は多くあると思いますが、自分の環境を変える事もひとつだと思います。学校側にどれだけ相談した?OBの人にどれだけ相談した?どうせだめと思う前に動いてみる価値はあると思うのですが、全てがだめになった時に初めてどうしよう・・・と考え、他のチームに相談したりリーグ戦に参戦できないという結果になるんだと思います。四方八方動いてどうにもならない事なんてそうそうないとは思いますが、それができない=やはり価値観の違いにつながるのだと思います。でも、我々も同じ考えの人と野球をしていくというのも一つですが、考え方がまだ分からなくて参加できないチームもいると思います。そういった人たちに理解してもらう運動も必要になってくるかもしれませんね。この活動はリーグが安定したあとの段階になると思いますが。。。とにかく今は軌道に乗せるまでマリナーズ中心に頑張りましょう!

長々すいません。。。つい熱くなってしまいました。
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2005年09月18日 09:05
北京で独立した理由は中国に無限の可能性を感じたからです。
今回の球場の件でもそうだがそうそう経験出来る経験ではありません。
自分らで球場を作る事が出来るなんて日本では有り得ない話。
私で手伝える(役立つ)事は少ないが手伝える喜びがある以上今後も協力していきたいと思います。
やっぱり大きな存在としてマリナーズというチームメイトがそう言う気持の持ち主の集団だったからこそ、素直にお手伝い出来るのでしょう。
この雰囲気が他のリーグ参加チームにあればもっと良いリーグになると思うんですがね。。。。
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2005年09月20日 00:24
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


トラックバック用アイコン1Tracked from 北京竜迷 at 2005-09-17 18:44
Title: 価値観の違い
??阿瞭????砲盻颪い燭里世??¬邉紊覆鵑討發Ε廛譟爾垢襪海箸鰐気い隼廚辰討い拭+  集団競技ゆえ、負ければ連帯責任。『アイツのミスなのに』と恨んだことも数知れず。  しかし、社会人の端くれでいる..
上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社