北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1北京リーグ'05 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1昨日は龍頭にて定例練習

2005年09月24日

カープユニフォーム1 昨日は龍頭にて定例練習

秋季大会前最終練習となった昨日は練習前ケツ人28号さんS監督から“先発で行く可能性がある”と御通達があり俄然やる気になってました。
先発となれば去年の清華N's戦以来で今季の調子から見ると更に急ピッチで調整する必要があった。幸いここ数日ビデオチェックで何カ所か悪い点が見つかった。
夏場の体力がなかった時のフォームが完全にコントロールを狂わせていました。足を上げてからのタメがすっかり無くなっていたのです。普通は足を上げて、そこから投げる体勢に移行します。これがタメが無く一連の動きになっていた為、すっかり小手先だけで投げていた(完全な投げ急ぎ)。“これじゃーヘッポコピッチャーだなあー”っと感じたのが夏最初の第三Aの練習試合のビデオを見た時です。これを先週の第三A練習試合戦でノーワインドアップからワインドアップにした事より多少改善exclamation×2まだまだコントロールのバラツキがある点が気がかりでした。昨日はそのタメを再度身体にインプットしてそこから生じる違和感を身体に覚えさせる事が出来ました。コントロールもある程度戻ってきましたし、多少なりとも自信が復活です。腕の振りも試行錯誤で何とか復活しつつあります。問題は肩のスタミナ。よく“投げ込み不足”と言う単語を目にしますがこればかりは言葉通りで投げ込まなくてはスタミナが付きません。試合でロングリリーフをペース配分を考えながらと言う器用さが無い私はやっぱり“行ける所まで”精神で最初っから飛ばして行くべきだと思っています。
先週の練習試合で9回守って打って投げられた事は多いに収穫でした。今季、これ程根拠無く“もしかしてイケルかも”って思った事有りません。
バッティングも今まで素振り不足だったのがティーバッティングをした事よりピッチング同様右肘の引くタイミングを思い出してきました。今まで打席での自分ではかなりゆったりしていると思っていましたがビデオチェック後全く反対だった事が判明がく〜(落胆した顔)全くゆとりのない打席での間合い。たまたま右方向に打てましたがあの間合いでは右に打つんだと頭で理解してきました。レフト、センター方向にも飛ばす為にはこの間合い、タイミングの取り方の改善が急務ですね。イメージは出来上がりつつあります。
今日は一日中こんな事ばかり考えていましたわーい(嬉しい顔)
最近、練習の疲れが残りませんexclamation&questionもしかして手を抜いていると言う事?それとも、体力が復活してきたと言う事でしょうか?満身創痍の春から一転、もしかして秋季は絶好調かもexclamation&question
ま、日曜日にいよいよ本番!!マリナーズの皆さん頑張りましょうexclamation×2
posted by むさC16 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープキャップ1北京リーグ'05 上へジャンプ
この記事へのコメント
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社