北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1北京リーグ'05 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1秋季第5戦 北大本隊戦 6−5 辛勝

2005年10月31日

カープユニフォーム1 秋季第5戦 北大本隊戦 6−5 辛勝

北大本隊戦個人的には2戦連続ピリッとしない投球内容。
何が問題か?それは組立です。
1・2の3で打ってくる相手になんで真っ直ぐ?
単調な投球の典型でした。
こういう試合の時は初回からしっかり組み立てたいです。
変化球の精度を上げ的を絞らせない事も重要かと思います。
2回〜6回はまあまあ組立としては及第点でした。
ここまで来てようやく組立が課題になってきたのはある意味肩が万全な状態とコントロールが良くなってきた証拠だと思います。
決勝トーナメントはここまで勝ち上がってきているチームです。
集大成としてしっかり仕上げて挑みたいです。
さてさてチームとしてですが徐々に点数を確実に取れる野球をやっていると思います。
三振ゼロは見えている証拠だと思います。何よりもランナー3塁で内野ゴロが打てる選手が増えているのは心強いです。選球眼もなかなか付いてきていると思います。ようやくドカベンさんが目覚めてきているのは良い事です。それともビヨンドexclamation&questionが目覚めたのかわーい(嬉しい顔)
ただ敢えて問題提起とするとすれば走塁に関することでしょうか?これは走者のみでなくナンナーズコーチャーのレベルアップが不可欠です。スライディングの有無。滑る方向。滑った後のボールが何処にあるか等の情報を如何に走者に伝えるかです。これが出来ないと走者自身が状況判断をする必要が出てきます。頑張って改善していきましょう。
ここまで来れば次はピリッと出来る様に考えて練習していきたいです。
posted by むさC16 at 04:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | カープキャップ1北京リーグ'05 上へジャンプ
この記事へのコメント
指摘されている部分、もっともですね。練習に関しても走塁とランコー(伸ばします)の練習もしっかりおこなうべきかもしれませんね。1つができるようになると次のステップとしてもっと上の事を要求してしまうというのは経験者ではなくても同じだと思います。私もやっと「動く事のできる体」にまではなりましたが、次は「動ける体」にして、その次には「打てる体」や「守れる体」、「走塁ができる体」にしていきたいと思います。体が自由に動ければ経験があるので体が覚えています。でも、今は重い鎧状態で攻撃も防御もできていない状態だと思います。マリナーズのサイトの写真、ふく面Rさんが隣にいますが、体系的には似ているかもしれませんが、筋肉の付きようが全く違いますよね。まずはふく面Rさんを目標にしたいと思います。クリアしたら次という形での目標設定をしたいと思います。いずれにせよ、今季はできる所まで頑張って行こうと思います!
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2005年11月01日 09:43
決勝トーナメント進出、おめでとうございます。
今週末は対戦ということになりましたね。
パンプキンズとしても、マリナーズさんとの対戦を楽しみにしております。
お手柔らかに、そして、楽しく熱い試合をしましょう!!
よろしくおねがいします。
コメント用アイコン1Posted by ワセ at 2005年11月01日 15:08
>わせさん
こちらこそお手柔やかにね。
春は結局うちが先に脱落して実現しませんでしたね。
今秋はかぼちゃ食いまくって待ってます。

>ドカベンさん
打撃は水物だからヒットでの得点は水物。
打たれてないのに点が入る。。。そう言う野球が実践できたら相手にとって嫌〜なチームに変身するでしょうね。
しかし、問題は内野ゴロで戻れる走力も必要ですね(笑)
残り2週間頑張りましょう!!
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2005年11月01日 16:06
ですね!

残り2試合頑張りましょう!

ただいま、武漢出張中の#6でした!
コメント用アイコン1Posted by #6 at 2005年11月01日 22:39
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社