北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1棒球小僧日記'07 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1ちょっと気になった記事

2007年01月26日

カープユニフォーム1 ちょっと気になった記事

松本人志1まっちゃんこと松本人志氏が映画監督にexclamation×2

タイトルは『大日本人』

中国では日本を蔑称する際、『小日本』と言われる。
このタイトル名が変に反日感情を煽らないか
微妙〜に心配してますたらーっ(汗)

人気番組を企画・構成し、エッセーを書けばベストセラーの鬼才、ダウンタウンの松本人志(43)が25日、初監督映画「大日本人」(松竹系、6月公開)を発表した。ストーリー、キャストなど詳細は秘密のままで、現在は編集作業中。配給の松竹でさえ、スタッフはまだ見ていないという謎だらけの映画だが、松本への信頼からすでに全国200館以上での公開を決めた。今年のカンヌ国際映画祭も視野に入れている。
 松本が企画、監督、主演する映画「大日本人」は、劇場公開作としては、監督デビュー作となる。「簡単に言うと、ヒーローっちゃヒーローもんなんですけど、僕なりのヒーローというか。仮面をかぶるとかそういうもんじゃないですね」。ひな壇に座った松本は、初監督作をこう表現した。
 ヒロインは? ストーリーは? そもそも、コメディー? 松本は「見てもらうしかない。あんまり言わない方が、ね。ハードル上がっても、なんなんで」。ただ、ヒントは出した。「ダウンタウンのごっつええ感じ」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでっ!!」などでも企画、構成に参加しているだけに「今までやってきたことの延長線上。笑いはいっぱいありますね。涙は…ないんじゃないですかね」と、イメージの一端はのぞかせた。
 一昨年12月、東京タワーなどで撮影を開始。すでに「四季を追って、ほとんど都内で」撮影は終了し、現在は2月完成を目指して編集中。タイトル「大日本人」から「(松本が)今の日本人をどう見ているか、その答えがこの映画に入ってる思いますね」とも語った。主演には「いややったんですけど、会社の事情で」。松本といえば、キャラクター演技にも定評があり、自分でも「ひょう依芸」と語るほど。自信は満々で「これがいいんです。だれも見たことがないような映画です」とか。
 お笑い出身の映画監督といえば、世界のキタノこと、北野武がいるが「テレビのたけし、映画の武と、別の感じで見てますし、僕はテレビの延長線上ですからね」という。
 この日の会見には、吉本興業の吉野伊佐男社長、松竹の野田助嗣専務も同席。松竹は、詳細不明のまま200館以上の公開を決めた。野田専務は「今までも(吉本は)成功しているし、(松本は)北野武さんを追い越すような監督に」と期待を語り、謎だらけの処女作が、かえって松本の鬼才ぶりを浮き彫りにした。
posted by むさC16 at 17:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | カープキャップ1棒球小僧日記'07 上へジャンプ
この記事へのコメント
質問です。 中国のプロ野球でプレーしたくメールしました。
なにもほとんど情報がないためすこしでも情報があればなんでもいいのでください。
コメント用アイコン1Posted by Taiki at 2007年02月22日 21:41
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社