北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1棒球小僧日記'09 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1ブラウン監督⇔野村氏、野村監督⇔ブラウン監督

2009年10月05日

カープユニフォーム1 ブラウン監督⇔野村氏、野村監督⇔ブラウン監督

広島:マーティー・ブラウン監督(46)⇔野球評論家:野村謙二郎氏(43)

楽天:野村克也監督(74)⇔広島:マーティー・ブラウン監督(46)

どう言うこっちゃー、これは楽天流のシャレか?
いくら御老体で体調が不安視されても、ここまで堂々とCS進出した智将ノムさんを勇退させて良いものだろうか。
ましてや当初は水面下で東尾氏で一本化されていたのに。。。
カープファンとすればブラウン監督をもっと見られるのは良いんだけどね。
ま、ノムさん勇退、即ベイスターズ監督なんてシナリオも残ってそうで来季のお楽しみはまた増えそうですな。
それにしても東尾氏の監督白紙は密かに年棒有料の絡みがあると思うのは私だけだろうか?
やっぱ、ブラウン監督のカミさんが日本人だからなりふり構わず就活してるんだろうなわーい(嬉しい顔)
楽天が、東尾修氏(59=野球評論家)を来季監督として招聘(しょうへい)する構想を白紙に戻したことが4日、明らかになった。4年間指揮を執った野村克也監督(74)の後任監督として、複数の候補の中から東尾氏に絞り込んでいたが、9月中に方針転換していた。東尾氏より、さらに若い世代を、3代目監督に迎えることをテーマに再検討。この日でクライマックスシリーズ(CS)進出が消滅した広島マーティー・ブラウン監督(46)が最有力候補として浮上した。
 衝撃的な方向転換だった。9月の初旬まで、楽天の次期監督は、東尾氏に一本化されていた。ところが、野村監督率いるチームが、次々に劇的な勝利をものにしていった9月中旬になると、監督人事にも劇的な「うねり」が生じていた。関係者によれば、その期間に球団トップから、東尾氏に方針転換の連絡があったという。9月25日の西武戦(西武ドーム)の試合前、東京・立川市内の選手宿舎で球団幹部は、野村監督に対し、東尾氏が次期監督を務めることはないと、当初の構想が完全に白紙になったことを明かしていた。
 東尾楽天の準備も進んでいた。関西を拠点としている野球評論家に、打撃コーチ就任の打診をするなど、東尾氏の意向に沿った組閣作業も行われていた。あとは正式なオファーを待ち、組閣作業を行うだけの状況だったが、最後にどんでん返しが待っていた。
 リストアップしている複数の候補から最有力には広島ブラウン監督が躍り出た。若さを追求した結果だった。野村監督は、新規参入の球団を、創設5年目にしてAクラスに導いた。ファンの野村監督続投への期待も、日に日に膨らんでいくのを、球団も肌で感じていた。偉業と言っていい成績を残した名将が勇退するだけに、後任監督は、若ければ若いほど望ましい。監督交代に対する、ファンの理解を得るために、球団は方向転換の道を選択したもようだ。東尾氏は野村監督よりも一回り以上若い59歳だが、ブラウン監督は46歳。インパクトは十分な年齢差だ。
 若さに加え、ファンサービスに積極的なブラウン監督の姿勢も魅力だ。ファンとの近い距離感も、地域密着を掲げる楽天にはうってつけといえる。この日、ブラウン監督が、CS進出を逃したことで、今季限りで広島のユニホームを脱ぐ。そのため、来季の楽天監督就任に支障はなくなった。
 この日、Kスタ宮城を訪れた三木谷会長は、後任監督に関して「おれに聞いても何も出ないよ。おれに決定権ないから。(島田)オーナーに聞いてください」とだけ話した。楽天は、両チームのシーズン終了を待って、ブラウンサイドにオファーを出していくことになる。
posted by むさC16 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープキャップ1棒球小僧日記'09 上へジャンプ
この記事へのコメント
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社