北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1棒球小僧日記'07 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1列に並ぼうデー

2007年06月13日

カープユニフォーム1 列に並ぼうデー

列に並ぼうデー1列に並ばない事もしかり、北京に長年住んでいるがまだまだ違和感を感じる所が多い。デパートで買い物すると未だに専用カウンターで支払わないといけないシステムなんとかならんのかね。どうもいちいち面倒ですわーい(嬉しい顔)それにしても北京オリンピックまでそう時間がないと思うが今まで色々企画しているものの彼らの習慣が国際化してきたと感じないのは気のせいかなあ。
北京五輪に向け、マナー向上を目指す北京市が毎月設けている「列に並ぼうデー」の11日、デパートやスーパーで整列が呼びかけられた。エスカレーターでは、右側に一列に乗って、急ぐ人のために左側を空けるよう指導員が目を光らせた。
 北京市は2月から毎月11日をキャンペーンの日と定め、これまでバス停や地下鉄駅など公共施設を中心に展開。今回初めて商業施設に広げた。
posted by むさC16 at 01:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | カープキャップ1棒球小僧日記'07 上へジャンプ
この記事へのコメント
先日の帰りのタクシーで、信号待ちをしていたところ、指導員が旗を持って汗ダラダラで頑張ってました。

その横を年配者が信号無視して渡ろうとした際、注意しておりましたが、言う事を聞きませんでした。くわしくは聞こえませんでしたが、指導員がそのおろか者へ罵声を浴びせたら、道路真ん中で引き返してこようとしてました。ほとんどが信号を待っているのにこいつだげ完全に浮いてました。おかげで道路真ん中で何台もの車にクラクションを浴びせられてました。

年配者がこれだもん、若い者への示しがつかない中国。逆に若いもんの方がまだ聞き分けがいいと思うのは、私だけでしょうか?
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2007年06月13日 09:58
教育をしっかり受けた人の割合が低い中国では次世代に掛けるしかない部分も多々あると思います。
また、教育の内容次第では同じ過ちの繰り返しだと思います。
私が見る中国はまだ試行錯誤の段階かと。
そもそも、こういう企画の対象が大人だっちゅー所を国民は自覚しているのだろうか。
彼らは恐らく対象は外地人としか思ってないでしょう。
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2007年06月13日 15:45
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社