北京棒球小僧トップページへ矢印:赤(右3) カープキャップ1その他のスポーツネタ'06 矢印:赤(右3)カープユニフォーム1北京で2006年度中国野球リーグ開幕記者会見

2006年04月15日

カープユニフォーム1 北京で2006年度中国野球リーグ開幕記者会見

20060413-2   20060413-3
先日伝えたCBL情報の続報。
2006年シーズン中国野球リーグが4月14日開幕。上海、広東、無錫、北京、天津、四川の6地区を本拠地に開催される。
中国プロ野球を盛り上げる為には底辺への野球普及がポイントだと思います。
2008年北京オリンピックでどこまで健闘出来るか今が一番大事だと思う。
今までの経済発展の様に野球も強くなるか見物である。

北京で行われた2006年度中国野球リーグの記者会見で、中国代表の今後の計画が発表された。
 野球リーグは7月初めに終了。その後、国家代表を再び招集し、オランダで開催される「野球ウィーク」に参加する。ここではキューバ、アメリカ、日本、オランダなどの世界の強豪と交流する。7月末からは1ヶ月以上にわたり、日本のプロ野球2軍チームと20試合あまりの交流戦を行う。さらに9月半ばにはアメリカに渡り、マイナーリーグのオータム(秋)シーズンに参加して、20試合をこなす。
 まずは目標を今年12月からドーハで開かれるアジア大会におくものの、長期的には2008年北京五輪に念頭において、今後の強化を続けていくとしていく。
posted by むさC16 at 22:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | カープキャップ1その他のスポーツネタ'06 上へジャンプ
この記事へのコメント
動くの遅すぎ。。。と思うのは私だけでしょうか[焦る(ヒヨコ)]
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2006年04月16日 08:10
1年間の開催試合数も少ない中国プロ野球。
これで、アジアの一角に食い込むのは夢物語って分析するのが普通ではないでしょうか[疑問(字)]

やる気あんのか〜[odoroki(字)]

ってとこでしょうか[笑顔(ヒヨコ)]
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2006年04月16日 08:17
 はじめまして・・こんにちは 今頃コメントをしてすみません 中国は強くなってきましたね
しかし確かに 開催試合数が少なすぎますね 中国が練習を重ねることによりどんどん強くなり 世界一になってほしいです 失礼しました
コメント用アイコン1Posted by jl at 2006年05月09日 16:32
私は正直言って中国が強くなるのはまだまだ先だと思います。
まず、国を挙げて勝とうという気持ちが無い事。
アジア杯サッカーであれだけ差があるのに国を挙げてのプロパガンダ。
※中国報道では日本[VS(字)]中国では中国が圧倒的有利と絶えず報道。
ここまでの執念がないと強くならないと思います。
プロでやる競技としてはあまりにも将来が見えないでしょう。
せめて趣味で浸透し始めないといけませんな。
コメント用アイコン1Posted by むさC16 at 2006年05月09日 17:00
上記同感です。
中国で現地の人とサッカーをやっても、パスしないで突っ込むばかり。。。
バカの1つ覚えのような感覚、「全員で勝つ」というより「自分が活躍して勝つ」しか頭にないような感じがします。
野球で同じ事をやれば、当然勝ち目はありません。
チームプレー第一ですので。。。

当分先でしょうなぁ。。。
コメント用アイコン1Posted by ドカベン at 2006年05月09日 17:20
上へジャンプ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

上へジャンプ
さくらインターネット株式会社 株式会社ぐるなび 株式会社オートウェイ 損保ジャパンの海外保険 オクトパストラベル・ジャパン
中国醸造株式会社 有限会社BBシステム 日本シグマックス株式会社 日本シグマックス株式会社 株式会社コーエイプランニング OTAIRECORD株式会社